読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庄内緑地公園跡地

コーギーは馬鹿

【膣録】20万のダウンジャケットを買ってみた

どう?どうよ?この皆さんが好んで読んでそうなニュースサイトとかにまるでよくありがちなタイトル。は?めちゃくちゃ滑ってますやん。きっしょ!!!!!!!!!!!!!!潰れろや糞ニュースサイト!!!!!!!!!!

ええ、気色悪いのは僕の方です、はいはい。どうもすみません。

 

マジでさ、何なんです?

ノーベル賞確実】テレビ局の下水管に侵入して長澤まさみの排泄物だけ抽出してみた

とかさ

【ママー!!!!!】上戸彩の母乳を甘酒にして飲んでみた

くらいの記事書いて出直してこいや!!!!!わかったか、オイ!!!!!!

という訳で、こんなようなタイトルの記事をインターネットの至る所で見かけるわけですが、こんな記事、まるっきり学がない僕でも書けますよと。

こういう記事を鵜呑みにしてると精巣すっからかんになりますよと。

そういう意味合いも込めて書いていこうかなと。それに気持ち悪い自分語りばっかりしていてもしょうもないので、たまには世のため人のためになることをしたい。

もう二年くらい前の話にはなるんですが、税込みで20万円くらいするダウンジャケットを買いました。20万て言ったらほぼどのブランドかは限られてくるのでお察し下さい。

今も殆ど変わりはありませんが、当時の僕の月収って手取りで15万円いってなかったというか下手したら13万くらいだったと思うんですけど。マジウケるんですけど。

頭おかしいんか。

 

・なぜ買おうと思ったのか

いやいやいや、買うに至った動機?そんなもんこっちが知りたいわ。未だに過去の自分の思考を理解することができない。

僕が今住んでる地域って冬はなかなか寒いんですよ。雪も降るし。それに咥えて・・・って何チンポ咥えとんねん!じゃなくてですね、それに加えて僕は車を持っていなくて移動手段が基本的に自転車なので、寒さに負けないダウンジャケット欲しいなと。そう思いまして。社会人になったんだし、どうせなら長く使えるいいやつ買おうかなと。スーツに似合う、中年になっても着れるようなダウン、買っちゃおうかなと。当時の僕はそう考えたわけです。いや車買えよ。ていうかスーツ着ねえし。ずっと汚え作業着だし。

最初はね、10万くらいのやつ買ってみようかなと、そう思ってたんです。少し奮発して10万!うわ〜、頑張るな〜!ってな具合だったんですよ。

僕は皆様の金銭感覚がどんなもんかはよく知りませんが、10万円つったって、なかなかにお高いやつだと思うんです。そら上を見ればきりがないけど。

 

僕「これはもうアレだな。車で言うなれば高級車を買うようなもんだな。うんうん。」まあ正直車持ってないからよくわからないんですけど、高級車、例えばベンツとかBMWって新車で買うのに安くても500万くらいするんじゃないかなって思ってるんです。でも、でもですよ、なんと10万円で、車で言えばベンツとかBMWクラスの高級なダウンジャケットが買えてしまうなんて、めちゃくちゃお得だなって思いまして。そのお値段で高級を味わえるなんて神か?と。

うん、ごめん。自分でも書いてて全然意味わからないんだわ。その発想の飛躍っぷりが。

でも当時はそう信じてやまなかったわけ。サンタクロースを信じる子どものように純粋な心の僕、プライスレス。サイコー。死ね。

この飛躍っぷりはまるで、アレだ、そうアレ。以前にも書いたことがあるけど、うんこには死んだ細胞とかが含まれてるって聞いたので、その人のうんこを食べたらその人の細胞を食べるってことだし、それはつまりその人と1つになったってことだし、セックス超えしたな。みたいな発想の飛躍っぷりと一緒だなと。これを僕は、食糞一体化理論と呼んでいるわけですが。

その食糞一体化理論によって思考が光る糞を突き抜けフライアウェイしてしまった僕は、10万円のダウン=安いと信じ切って、購入を決意しました。

 

・買うためにした準備

実際にダウンを買いに行くぞってなるわけじゃないですか。でもお店は高級店なわけですよ。これは気合をいれなきゃいけないぞと。変な服装で門前払いされたら困るし、こっちも本気なんだという誠意を見せないといけないなと。ブスの店員が来たら声高らかにチェンジって言ってやるぞと。

というわけで、皆さん御存知の通り、僕はインターネットでこんな陰険な文章を書くことしかできない人間なんですがプライドだけはいっちょ前に高いので、小汚え格好していって店員に舐められたら嫌だなと思いまして。まず5万円握りしめて近くのペニスだかパルコだかそんなような名前の建物に行き、スカトロアナルだかスマートカジュアルだか知らないですけど、店員に、「いや・・・ちょっと結婚式の二次会がありまして・・・」とかなんとか言い訳して、それに近い服装を見繕ってもらったっていう前日談があるんですよ。

どうよ?インターネットでよく見る、服を買いに行くための服がないからその服を買うっていう。

えっ、総額幾らになってますの?めちゃめちゃ面白いやん?素敵やん?

笑え。・・・笑えよ。お願い、せめて笑って・・・。哀れみの目で見ないで・・・。いや別に病気とかそういうんじゃないんですよ。ちょっと抜けてるどころがある気さくなファニーボーイなだけ。だから気の毒がらないで・・・。

 

・なぜ20万のものを買ったのか、もしかして頭おかしいのか?

まあそんなこんなで服を買いに行くための服を買って、服を買いに行くわけです。

もうややこしくて意味わからんわ。

何故10万のダウンジャケットを買うつもりだったのに、とち狂って20万円の商品を買ったのかと言うと、見栄を張った。それ以外にありません。

ああ・・・この人無理してこのブランドに手を出したんだなと思われたくないと。めちゃくちゃ無理して手ぇだしてるし、仮にそうでも誰もそんなこと思わないしそもそも僕のことなんて週末に見かける吐瀉物程度にしか思ってないから、見栄もクソもないんですけど。どんだけ自意識過剰なんだ・・・と振り返るとただただ恥ずかしさでケツの穴がキュッとしまる思いであります。

もちろんデザインが気に入ったというのもありますよ?このデザイン素敵やn...えっ!?20万!?は!?!?予算10万円ですやん・・・。ってなりましたよ。でもわざわざこのために服だって買ってるんだし、一番安いの買って帰るなんて、ここまで来てもうできねえと。

ヤケクソ起こしてんじゃねえか馬鹿野郎。

正直、その時の僕を正座させて小一時間は説教カマしたい。本当に反省しています、申し訳ございませんでした。お願いだから誰かこのために使ってしまった20万円ください。

 

・実際に買ってみた

というわけで、買いました。ここまで見栄はってるのにカード払いでしかも分割払いです。店員さんに、「あの・・・本当に申し訳ないんですけど、カードで、分割でお願いします・・・申し訳ないです・・・はい。4回で・・・。」と頭を下げて購入しました。だったら見栄を張るなと。な?チンポ小さいのにXLサイズのコンドーム装着していいことあるか?ないよな?な?

店員さんは、苦笑いしながら、皆さん分割で買われるのでお気になさらずにとフォローをしてくれました。本当に情けない話です。

 

・買ってみて、良かった点、悪かった点

まあ良い点は色々あると思うんですけど、まあなんでしょうか。えーっと、あー・・・あー・・・えーっと・・・そう、そう。キャバクラ!

キャバクラで話のネタになる!・・・うん。それくらいかな・・・。

いや、でも大事じゃないですか?そういうのって。

まあ大体笑い話にもならずドン引きされますけど。

正直良かった点なんてないわボケ。少しでも多くの人に話して笑いにでもするかって思ってるのに、大体が、えっ、なにこの狂った人・・・みたいな困惑した顔をされるんですよ。おかしくない?頭おかしくない???

ここまできたから言いますけど、正直な話、20万の洋服持ってたら、セックスできると思ってましたよ。えっ、そのダウンってもしかして・・・素敵!抱いて!ってなるだろうなって思ってました。出会って4秒で合体できるだろうと思っていました。それがですよ、それが。20万で可能な限り整形するべきだったんか?あまりにも現実は残酷過ぎる。

あ、良かった点今1つ思い浮かびました。ダウンを着ていると、自分は今20万円を身にまとっているんだ、これが20万!?すげえや・・・お金って暖けえなぁ・・・これが20万円の暖かさかあ・・・ってしみじみ思えて、段々気分が高揚してきて何でも出来そうな気分になれます。

ハァ?クズ人間かよ。暖かいのはダウンだからだよ。

悪かった点は、やっぱりそのダウンジャケットに全てを合わせないといけないという点です。とにかくこれ。20万円の服着てんのにクロックス履けますかっていう。いや冬にクロックス履いてるんじゃねーよ。

ダンロップの靴履いてバンダナ頭に巻いて20万のダウン着てたらそれってめちゃくちゃおぞましいんですよ多分。

もしそんな格好してたら、うわぁ、こいつめちゃくちゃ無理してんじゃんキッツwって周りから笑われてしまうような気がします。20万円のアウターを羽織るなら、その他の服装、靴、装飾品等もそれなりのものを身に着けなければいけないのではという思考になり、もう完全に投了です。香車が真っ直ぐ全身しすぎて肛門に挿入みたいな。エッ、アッ、ハイ。

後はメンテナンス、例えばクリーニング等にも他のものよりもお金がかかってくる事や、とにかく扱いに気を遣うことも挙げておきたいと思います。雨の日とか。常に雨に怯えて生活するってあれか?グレムリンか何かなのか?

悪かった点なんか挙げればきりねえわ。正直な話、3万から5万円くらいのアウターを3着くらい買って着まわした方がよっぽどマシだったなと、買ってから気づきました。買ってからじゃないと気づかない辺りから頭の悪さをヒシヒシと感じて自分でも辛い。

 

・まとめ 

最後に断っておきたいのは、ダウンジャケットそのものには何も問題もありません。文句のつけようがない。最高の品質です。全てはお金を持っていない僕が悪い。

ちなみに4回払いくらいにしましたが、他にも色々と物を買っていたせいもあって、カードの支払でお給料が毎月底をついてしまい銀行預金残高がゼロになり、未来の自分を信じて全ての支払を翌月引き落としのカード払いにするという自転車操業で数ヶ月は生活し、地獄のようでした。

毎シーズン、現金一括払いで20万円のアウターを買っても生活に何ら支障がない程度の財力がある人には是非オススメしたいと思います。

まあ何でもそうですけど、身分相応っていうもんだなと、今振り返ってみてもそうしみじみ思います。見栄やプライドで無理してみても、案外そんなの誰も気にしてなかったりするのではないでしょうか。

買って勿論後悔はしていますが、こうしてブログにも書けているし、話のネタにはなるので経験としてアリっちゃアリだったのかなと。というか話のネタにでもしないとやってられませんわ・・・。まあどんだけ出しても10万が限度ってもんじゃないんでしょうか、やっぱり。20万は正気じゃねーわ。

そんなわけで、今何か高い買い物をしようかどうか迷っている人に少しでも何かしらの参考になればなと思います。